スポーツ指導における「運動のし過ぎ」はどこからなのか? 適切な量と質のトレーニングとは

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

スポーツ指導における「運動のし過ぎ」はどこからなのか? 適切な量と質のトレーニンとは

スポーツ トレーニング

さまざまな条件が重なり合って個人の適切な運動量が決まる

スポーツ指導において結果を求め過ぎた結果、負荷の高いトレーニングを過剰に行うことがあるようです。また、日本人はマラソン好きで努力家が多いため、目標
達成のためにトレーニングをし過ぎている人が多いのも事実です。では、一般的にどこからが運動のし過ぎになるのでしょうか。実は、その境界線が曖昧ではっ
きりしておらず、とても難しい問題なのです。

運動の質や量を考える際、年齢が若ければ疲労回復は早いものの、成長期ということを考えれば
体作りのことも考慮する必要があります。さらに、日常の運動量の違いも考えなければならず、身体能力の差においても大きな開きが生じてきます。そもそも、
運動の目標が全国大会で活躍するような高いレベルの場合もあれば、健康維持やダイエット目的の場合もあるでしょう。

持病を抱えている人もいれば、過去の怪我が完全に治らず不安を抱えながら競技を行っていることもあり得ます。さまざまな条件が重なり合って個人の適切な運動量、トレーニング内容が決まってくるのです。




:スポンサードリンク


境界線は個人差によるところが大きい

では、高い目標に向けてトレーニングをしている競技者に的を絞って話をします。2000年のシドニーオリンピックで、高橋尚子選手が金メダルを獲得しまし
た。小出義雄監督は講演で3000mの高地でトレーニングを行った際、「普通のトレーニングをしていたら、世界のトップには立てない」と語っていました。

これは、オリンピックの優勝という高い目標と、高橋選手の強靭な肉体と精神力があったために可能なトレーニングであり、一般人はおろか普通の競技者にとって
も過度なトレーニングとなります。運動のし過ぎによるオーバートレーニング症候群は、高い目標を掲げる競技者にとっては誰でも陥りやすいものの、境界線は
個人差によるところが大きいということです。

指導者とのコミュニケーションが過度な防ぐ一番の有効な手段

オーバートレーニングに陥らないためには、日ごろから日誌などでセルフチェックを行い、指導者と情報を共有することが重要です。オーバートレーニングの症状と
して、記録の低迷・起床時心拍数の上昇・運動後心拍数の回復遅延・体重減少・睡眠障害などがありますが、これは数値としてわかりやすいもので、記録してお
けば指導者に伝わりやすい項目です。

また、オーバートレーニングの場合は全身の倦怠感が抜けなくなり、精神的にも不安定になるため、日々
の疲労度や精神状態を数値化して残しておくことも大切です。しかし、食欲の低下や筋肉痛が取れにくいという数値化しにくいことも判断材料になるため、指導
者とのコミュニケーションが運動のし過ぎを防ぐ一番の有効な手段です

以下全文はソース元で
http://news.livedoor.com/article/detail/10045439/

1:ジョギング速報の管理人がお送りします:2015/04/28(火) ID:jogsoku

もう4月も終わりに近づいてきたところで、
いわゆる5月病で新生活の疲れがどっと出てくる時期ですね。

この4月から陸上部に入ってきた新1年生の中では
ひょっとしたらシンスプリントなどの、初心者がよくなる
スポーツ障害になっている人もいるかもしれないだけに
自分にあったトレーニングの量と内容を把握しておくことが重要だと思います。

1年生なら早く試合に出たいと思って普段の練習以上に自主練をする、
インターハイ予選が迫っている2、3年だと、試合前の焦りからいつも以上に練習をしてしまい、
結果としてオーバートレーニングになってしまうことも少なくありません。(管理人もそうでした)

しかし、トレーニングすればするほど不安になる
「こんなトレーニングでは本番はうまくいかない」
「予選で落ちる」「推薦がもらえない」…etc、と自分を追い込んでしまい、
その不安を解消するために更にトレーニングに打ち込んでしまうという、
負のスパイラルが起きることもあります。

一見すると真面目にトレーニングに取り組んでいるように見えるために
周囲や指導者はトレーニング止めず、むしろ鼓舞激励してしまうことも少なくありません。
しかし、そういった不安に駆られたトレーニングをこなしたことが功を奏したのか、
自己ベスト更新やインターハイで勝ち残る選手がいることも事実です。


>オーバートレーニングに陥らないためには、日ごろから日誌などでセルフチェックを行い、指導者と情報を共有することが重要です。

先輩や指導者としてはトレーニングに
真面目に取り組まない人に頭を悩ますことは多々ありますが、
逆にトレーニングに真面目に取り組みすぎ、予定以上にトレーニングをしてしまう人には、
なかなかトレーニングを止めろと言えない事が多いと思います。
…そういうのは無粋というか野暮という感じもしますからね。

真面目にトレーニングに取り組まない人にコミュニケーションをするのはもちろんのことですが、
真面目にトレーニングに取り組みすぎる人に対しても、
オーバートレーニングにならないようにコミュニケーションを行うのは重要です。

トレーニング日誌などの記録をつけて、お互いに情報を共有し
今後のトレーニング計画を立てるのは怪我や故障を防ぐだけでなく、
選手が自分の体調やメンタルの善し悪しを
自分でコントロールすることにもつながると思います。

スランプや不調時に自分を奮い立たせることのできる選手は素晴しいですが、
好調時でちゃんと自分をセーブすることのできる選手もまた素晴らしく評価に値しますね。
練習である程度抑えた好調を、本番でしっかり発揮できるように導くのがいいでしょう。

>オーバートレーニングの場合は全身の倦怠感が抜けなくなり、精神的にも不安定になるため、日々の疲労度や精神状態を数値化して残しておくことも大切です。

管理人が陸上部時代に実際に記録していたのは
朝起きぬけの状態の体重と1分間の心拍数ですね。
オーバートレーニングの状態だと心拍数が平均よりも上がり、
体重が減少している事がありました。

また、女子であれば生理がちゃんと来ているかどうか。
陸上長距離選手によくあるのが走りすぎて体脂肪が減り、
そのことで生理不順や無月経に陥ってしまう人が後を耐えません。
生理不順や無月経になるとホルモンバランスが乱れることで、
骨粗鬆症から来る疲労骨折、ストレス、体調不良によりスポーツに悪影響が出ますので。


【おすすめ記事】

【大阪】人工芝の300Mトラックで空中ランができる! もりのみやキューズモールBASEが27日にOPEN
日本人は生真面目なのか休まずトレーニングばかりやり続ける人が多いね
持病で鉄欠乏症貧血を患いながらマラソンでサブ3目指しているけど
立ちくらみが気持ち良すぎてワロタwww
陸上部員なんだけど貧血気味でよく目眩をする…
今まで自分が重度の貧血だと知らずに生きてたwww
整体師に「お前背骨ぐにゃぐにゃ!よう生きてんな!」って言われたんだけど
稼動域の広さは重要。全てのスポーツに柔軟性が求められるのは正にそれ
【開脚前屈】体が硬くて開脚したまま上半身を前に倒せない
体が硬い人は整形外科とかで医学的に柔らかくできないんですかねぇ
ランニング前のストレッチって本当に必要かな?
無理矢理股割りして開脚ストレッチするのはケガをするって聞いたんだけど…
ジムで柔軟運動しているけど体が硬いまま…とくに股関節が硬い
前屈して胸が脚にくっつかない奴wwwwwww
外反母趾の方の経験談とか治療に役立つ情報があればぜひ教えて下さい。




姉妹サイトの「ジョグマガ」できましたよっと
★姉妹サイトの「ジョグマガ」できましたよっと★
RSS 姉妹サイト「ジョグマガ」できましたよっと