40年前にくらべ中学生の骨折が約2.5倍に 将来は骨粗鬆症にかかる可能性も

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

1 :  ジョギング速報ななしはん :2015/12/18(金) 23:24:26.43 ID:CAP_USER

◆40年前にくらべ中学生の骨折が約2.5倍に! 将来は骨粗鬆症にかかる可能性も 
児童生徒の災害共済や健康増進に関する調査研究を行っている「日本スポーツ振興センター」によると、 中学生が学校で骨折する発生率は1970年からの40年間で約2.5倍に増えているという。 子どもたちの骨が弱くなっているのだろうか?

骨量は小学校の高学年から20歳頃までの成長期に一気に増える。
骨密度が最も増加する思春期(10~15歳頃)に、きちんと栄養を摂り、運動をすることで骨を育てないと、
40~50代になって「骨粗鬆症」というつけが回ってくる可能性が高くなる。

将来、骨粗鬆症で介護状態にならないためには、子どものうちから意識的に体を動かす必要がある。
骨は、適度な負荷がかかると、それに負けないように自分で自分を強くする。
また、運動によって骨にかかる負荷は、カルシウムを沈着させる作用もある。
筋肉を動かすことで、骨に刺激が加わり骨量が増えるのだ。

昔に比べて子どもの遊びも体を使ったものが減り、遊びのなかで身体の機能を強化する機会が少なくなっている。
よく動く肩甲骨としなやかな股関節は、高い運動能力につながる。
肩甲骨や股関節をしっかり動かす運動を日頃から取り入れたり、正しい姿勢を維持するよう、
子どもに注意を促すことも重要だ。

栄養も大事。
カルシウムをしっかりとる!

骨粗鬆症予防の啓蒙活動に力を入れている東京女子医科大・加藤義治主任教授は、
10代は「骨の貯金」の時期と強調している。

成長期こそカルシウムをしっかり摂ることが大切だ。
桜えびやしらす干し、乳製品などのカルシウムを多く含む食品はもちろん、カルシウムの吸収を助けるビタミンD(しらす干し、鮭など)、
カルシウムの排出を抑えるビタミンK(納豆、モロヘイヤなど)、骨のコラーゲンの劣化を予防するビタミンB6(レバー・かつおなど)、
ビタミンB12(しじみ、牛肉など)や葉酸(レバー、パセリなど)といった栄養素も積極的に摂りたい。

インスタント食品やジャンクフードといった塩分やリンを含む食品を過剰に摂取すると骨に必要なカルシウム不足になるから、
なるべく減らすようにする。また、無理なダイエットは骨形成の妨げになるから禁物だ。

骨の原料となるカルシウムの摂取基準・推奨量(目安)は12~14歳=男性1000mg、女性800mg、15~17歳男性800mg、
女性650mg、30~49歳は男性、女性とも650mg(厚労省「日本人の食事摂取基準」2015年版、年代抜粋)。
この数字を見ても成長期のカルシウム摂取量は大人よりも多く必要であることがわかる。

お父さん、お母さんも大丈夫!?

加藤教授は、同時に親世代である30代の生活にも注意を促している。

仕事や子育てに追われ、生活が乱れがちだ。
つい朝食を抜いたり、運動をする時間が取れなかったり、仕事の付き合いから過度の飲酒をしてしまうなど、
思い当たる人も多いのではないだろうか。こういった不規則な生活は骨にダメージを与えるという。

子どものロコモだけでなく、お父さん、お母さんも骨粗鬆症対策に取り組む必要があるようだ。
子どもと一緒に運動することを習慣化し、一緒にカルシウムたっぷりの食事をとるよう心がけてはいかがだろうか。

ヘルスプレス 2015年12月18日21:30
http://dailynewsonline.jp/article/1059918/




:スポンサードリンク


2 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/18(金) 23:28:06.91 ID:91JbuoZO0
へえ。学校では危険なことを昔より避けてるのにね。
平均身長の伸びは30年前で止まってしまったから、
今はひたすら細くなってるのかな。

95 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 03:21:24.64 ID:O8Hri64z0
>>2
少なくとも組体操は昔より相当無茶してると思う
人体の耐久試験でもやってるつもりなのかと

11 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/18(金) 23:43:51.20 ID:g2WzwC/h0
数字のマジックだろ
いまは少子化で子供が減ってるんだから件数が減るのは当然

13 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/18(金) 23:46:31.18 ID:e7YWbb/e0
今は、過保護になりすぎて、子供に危険なことをさせない
ようにしてるから、子供のときに「転ぶ」経験をしていな
い人間が増えてるらしいな。

その結果、転んだときに自分を守るということが出来ない
と。

大人なのに、転んだときに、手を出して顔を守るといった
ことが出来ずに、顔から地面にぶつかってしまうなんて人
が増えてるんだって話を、どこかで聞いたな。

67 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 01:02:47.04 ID:41u4CLH+0
>>13
うむ、守るつもりが却って苦しむ事になってる

121 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 08:13:29.45 ID:xVgtDv+p0
>>13
最近はギャング・エイジといった子ども同士での遊んだり戯れたりする集団見かけなくなった
親や周りの大人が囲い込みが過剰でべたべた・可愛がり過ぎるとダメだろ
家族の絆とか子供を地域で育てようといったスローガンが諸悪の根源かもしれん

16 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/18(金) 23:57:28.57 ID:3CK4GslWO
40数年生きて来て
初めて自分の骨をリアルでみた今年

21 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 00:05:37.04 ID:J4qEHdkm0
>>16
歯磨きしない人を発見した!

22 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 00:06:17.42 ID:gmZfn4jZ0
ξ´-ω-`ξ ふ~ん。
で、根本的な部分の情報は開示してくんないのかなぁ。
「中学生の医務室利用率の推移」だとか「1970年からの骨折の原因と場所」だとか
「1970年からの学校内と学校外における骨折発生率の推移」だとかの情報も
キチンと見せてくれないと、眉唾にも程がある情報だわ。

しっかし、骨折の原因の1つでしょう”いじめ”が校内であっても、
そう簡単には認めないし生徒達に緘口令まで布く学校方面なのに、
特定の職業の人間にとって好都合な情報だけはホコホコとよく出てくるわねぇ。

ってか、こういった情報は”ぜんそくの発生率”なんてものが出てきた時から、もう一切信用してナイんだわ。

26 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 00:11:19.44 ID:Zx0dYZSkO
ヒョロヒョロでかい奴多いもんな

41 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 00:27:36.19 ID:xJj/FwOy0
昔は軽い骨折が暗数になっていただけだろ

49 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 00:43:33.78 ID:E3fn7Mdc0
道路も公園もボール遊び禁止、グラウンド等は有料で社会人が専有。
大声出しただけで団塊老害がクレーム。
運動したけりゃ金払ってスポーツクラブに入るしかない。
運動するのも金がかかる世知辛い世の中。

57 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 00:50:31.43 ID:pU2D6YwM0
特に女子だろうね
小学生向けの雑誌からしてダイエット特集なんてやってるし

60 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 00:52:41.49 ID:UBTXVbtJ0
>>57
マジですかw
一杯ご飯食べて山ほど家事手伝いするのがアジア流美容の秘訣でっせw

70 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 01:07:10.83 ID:fmFltBwq0
昔よりスポーツに力を入れてるんじゃないかな。
野球、サッカー、バレーボール、バスケットボールなんかのスポーツの骨折が多い。
自転車もたまにいるな。
中学生の交通事故は、時々あるかな。
それに、MRIでなければ診断できないような小さな骨折も見逃さなくなった。

昔は整形外科じゃなくて整骨院に行った骨折も多かっただろうから、
統計に乗ってこないものもかなりあったはずだ。

こういう数字はあんまり信じない方がいい。

ちなみに俺は救急病院の整形外科医だよ。

88 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 01:48:56.20 ID:+nmu/Bm00
>>70
説得力のある意見だ
未成年の体力や競技力はデータで見ても昔より向上しているわけだから
別に骨が弱くなっているわけじゃないんだろうね

97 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 03:53:09.93 ID:0emJd3n10
>>88
40年前との比較となら
運動神経、筋力、体力共に落ちてるよ

102 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 05:34:34.92 ID:zoNtVwNo0
>>88
体を動かす機会が学校の部活動およびクラブチームなどの運動系の習い事に限定される。
それらに参加しない子供は運動機会が全くないので、二極化が起きている。
また一つのスポーツのみをやることが美徳とされるため、
筋肉などの発達がアンバランスになっていて、
柔軟性に欠ける子供がスポーツをやっている子供にも増えているとのこと。
特に後者の問題は全く明らかになっていなかった。
運動やっていてもしゃがめない子供だらけ。

154 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 10:22:11.67 ID:bImJbVNK0
>>88
>未成年の体力や競技力はデータで見ても昔より向上しているわけだから

そうか?
http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26honpen/pdf/b1_02_01_01.pdf

>15 歳以上の者の歩数をみると,長期的にみて,男性は 10 代,20 代ともに減少傾向で,
>特に 10 代の この数年の減少が著しい。女性はやや減少した後おおむね横ばいで推移している。(第 1-2-7 図)
>運動習慣をみると,1 年間にスポーツを行った者の割合はこの 20 年間で大きく低下している。
>平成 23(2011)年には,1 年間にスポーツを行っていない者が 10~14 歳の約 1 割,
>15~19 歳の 2 割強, 20~24 歳の約 3 割,25~29 歳の 3 割以上に達している。(第 1-2-8 図)

114 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 07:28:23.99 ID:vA72eFoR0
今は高校生以上の男の子でも足細いな~って思う子が多いね。
ローキック1発で骨が折れそうな気がして。
反面全力でスポーツしてる子は立派な体つきだし。
ひ弱な子と鍛えてる子とその両面で骨折が増えてるんじゃね。

161 : ジョギング速報ななしはん :2015/12/19(土) 10:51:18.11 ID:/Gk9iZkK0
運動不足もあるんじゃないか?
特定のスポーツとして鍛えている部分がある一方で
生活仕事等で使うような部分は使用する機会がかなり減衰している
とかありそうな
まあこんなの一概に言えない前提で

引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1450448666/


(管理人コメント)

個人的に日本スポーツ振興センターのホームページにあるデータを調べてみたところ、中学生の骨折の割合は1978年は26.0%、2008年は28.9%となってました…データは記事の内容とは異なりますが他にデータがあるのだろうか。

【ジョグ速のオススメ記事(`・ω・´)】

【健康】かかとをつけてしゃがめない子供が12.9%も ロコモ症候群の恐れ
ダイエット目的でジョギング始めるも3週間で疲労骨折に近い症状出て休養…
組体操で生徒6人が重軽傷を負った大阪・八尾市の中学校 去年も4人骨折させてた事実が明らかに
運動会などの「むかで競走」で事故多発 1年間で480人余りが骨折、頭を強く打ち体にまひが残るなどのケースも
いつものコースを走り終えたところで自転車の爺さんと激突。左手を骨折してしまった








姉妹サイトの「ジョグマガ」できましたよっと
★姉妹サイトの「ジョグマガ」できましたよっと★
RSS 姉妹サイト「ジョグマガ」できましたよっと