【祝】サニブラウン・ハキームが国際陸連の新人賞受賞 2015年の年間表彰選手として

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

国際陸連が26日に発表した年間表彰選手で、サニブラウン・ハキーム(東京・城西高)が日本人として初めて、新人賞にあたる「ライジング・スター」賞に輝いた。

今夏の世界ユース選手権100、200メートルをともに大会新で制した16歳は27日、「来年はリオデジャネイロ五輪の決勝で走りたい」と意欲を新たにした。

これまでに男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)、ロンドン五輪男子400メートル金メダルのキラニ・ジェームズ(グレナダ)らが受賞。これをステップに世界のトップレベルで活躍する選手も多く、サニブラウンは「大スターが受賞してきたものなので、実感は全くない」と感想を語った。

サニブラウンは、日本陸連が東京五輪でのメダル獲得を期待して選んだ「ダイヤモンドアスリート」の一人。今後、日本の若手を引っ張るのは間違いなく、日本陸連の山崎一彦・強化副委員長は「世界にこのようなインパクトを与える選手は今までいなかった」と快挙をたたえた。

記事元

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00050153-yom-spo




:スポンサードリンク


この話題に関するネットの反応は以下の通りです。

(管理人コメント)

今年のサニブラウン選手は世界ユースで100M、200Mを制すほか、世界陸上で200Mの準決勝に出場するなど、現役高校生としては華々しい活躍をされていたので、今回の新人賞受賞ほごもっともかと。おめでとうございます。

開催まで残り1年を切ったリオ五輪、そして2020年の東京五輪での華々しい活躍を期待しています。

【ジョグ速のオススメ記事(`・ω・´)】

【世界陸上】男子200m準決勝 サニブラウン2組で5位 史上最年少の決勝進出ならず 藤光、高瀬も決勝進出ならず
【悲報】陸上のサニブラウン「夏休みの宿題は何もやってないです」と苦笑い
【陸上】サニブラウン高校卒業後にアメリカ移住を検討 異例のプロ化か?
【陸上】100M走9秒台実現へ夢タッグだ!桐生&サニブラウン合同練習計画!


短距離・リレー (陸上競技入門ブック)
土江 寛裕
ベースボールマガジン社
2011-10



姉妹サイトの「ジョグマガ」できましたよっと
★姉妹サイトの「ジョグマガ」できましたよっと★
RSS 姉妹サイト「ジョグマガ」できましたよっと