陸連「もう少し勝負してほしかった」さいたま国際の結果に厳しい評価

LINEで送る
Pocket

jogsoku000051

「さいたま国際マラソン」(15日、さいたまスーパーアリーナ発着=42・195キロ)。2016年リオデジャネイロ五輪の選考会を兼ねて行われ、吉田香織(34)=ランナーズパルス=が2時間28分43秒で2位に入り、五輪代表候補に名乗りを挙げた。

ただ、日本陸連幹部の評価は厳しいものとなった。駅伝シーズンということもあり、ナショナルチーム所属の選手は出場せず、各実業団の有力な若手のエントリーもなかった。34歳の吉田が日本人トップの2位、36歳の渋井陽子が日本人2番手の4位に入ったが、タイムは陸連の設定タイム2時間22分30秒から6分以上遅い。武富女子マラソン部長は「優勝したバイサ(エチオピア)に最後の10キロで3分遅れた。そこで勝負しないと(五輪で)メダルには届かないというのが正直なところ」とコメント。

酒井強化副委員長も「30キロ以降、もう少し力が足りなかった。今回であれば、もう少し勝負してほしかった」と、落胆を隠さなかった。

以下全文はソース元で

http://news.livedoor.com/article/detail/10833644/




:スポンサードリンク


(管理人コメント)

今更感があるけど、陸連のコメント…なんだか他人事のようなコメントだなぁ…(汗)。まぁ、日本人首位のランナーが実業団ではなくて、一市民ランナーであることも影響しているような気もするけど…

こんな調子で今後行われる大阪国際と名古屋ウィメンズでナショナルチームの選手が今回と似たような結果だったら陸連はどう答えるつもりだろうか…

【ジョグ速のオススメ記事(`・ω・´)】

マラソン界のご意見番、川内優輝が陸連を痛烈批判「(ナショナルチーム入りを)やめてよかった」
<さいたま国際マラソン>ドーピング違反の過去乗り越え吉田香織が2位 市民ランナーとして快挙
さいたま国際マラソン2015 ネットでの評判・反応まとめ
さいたま国際マラソン2015感想まとめ 来年は記録証必須のガチ大会にして欲しいな
陸連がさいたまで日本人首位になった市民ランナーの吉田を選ぶだろうか。


常識破りの川内優輝マラソンメソッド (SB新書)
津田 誠一
SBクリエイティブ
2015-12-05



スポンサードリンク






姉妹サイトの「ジョグマガ」できましたよっと
★姉妹サイトの「ジョグマガ」できましたよっと★
RSS 姉妹サイト「ジョグマガ」できましたよっと
↓↓↓この記事をシェアする↓↓↓